代理店と言われるものはどういった役割があるのか

代理店と言われるものはどういった役割があるのか

代理店の法的性質について

代理店とは、商品やサービスの供給者の「代理人」として行動する者及び形態のことを言います。供給者と代理店との法律関係は、代理関係となります。つまり、代理店が製品を販売した場合の売り上げは、供給者のものとなり、代理店は手数料収入を供給者より得ます。このように、代理店契約を結んだ場合、供給者側と代理店側との間に商品の移動があったとしても、売買契約が成立するわけではないということです。どちらかというと、委任関係にあると言えます。

代理店契約の注意点について

代理店契約を結ぶ場合、当事者は代理店の権限がどこまであるのかを予め定めておく必要があります。代理店契約と言っても、契約の仕方によって、当事者の権限が変わるからです。たとえば、代理店側に代理権を授与する形態であれば、代理店に供給者と顧客との間の売買契約を成立させる権限があることになります。しかし、そのように代理権を与えず、仲介をさせる関係にあるだけならば、代理店は供給者と顧客との売買契約の締結の仲介できるだけで、契約の締結権はないことになります。

その他の注意点について

このように、代理店といっても、代理店と供給者間でどのような契約を結んでいるかによって、法的権限が異なって来ます。そのため、予め、代理店契約を締結する際には、当事者間の関係について任意規定を置いておく必要性が高まります。たとえば、顧客とのトラブルが生じた際の責任分担や、どの点に代理権がありどの点に代理店を与えていないかなどの法的権能について、詳細な規定を置くと良いでしょう。そうすることで、後になって法的トラブルが生じることを防ぐことができます。

代理店を募集する事によって、代理で商品やサービスを販売してもらう事が出来る店舗を見つける事が出来ます。