トイレ詰まりを直すためにはコレ!修理道具3選

トイレ詰まりを直すためにはコレ!修理道具3選

昔から人気のラバーカップ

ラバーカップは昔からトイレ詰まりの修理に使用されている道具です。ラバーカップという名前の他には、シュポシュポという名前やスッポンなどと呼ばれており、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。そんなラバーカップでトイレ詰まりを直すための使用方法ですが、ラバーカップのゴムの部分である先端をトイレの排水口に密着させて静かに押しつけます。次に力を入れて引き抜いてください。この作業を何度も繰り返すことで、トイレ配管などに詰まっている原因を解消することができますよ。

吸引力抜群の真空ポンプ

真空ポンプはラバーカップよりもはるかに強い吸引力があり、その力でトイレ詰まりを修理する道具です。この真空ポンプですが、高い物になるとプロのトイレ修理の業者の方なども使用していることが多いです。ですが、もっとリーズナブルでコンパクトタイプのものであれば、個人でも簡単に使用することができますよ。使い方ですが、先端にあるゴムの部分をトイレの排水口に密着させ、水を満たして真空状態にします。そして、筒に設置されている柄の部分引き抜くことで、強い吸引力により詰まりの原因を解消してくれます。

詰まりを直接崩してくれるワイヤーブラシ

トイレ詰まりを修理する道具としてワイヤーブラシがあります。これはラバーカップや真空ポンプのように詰まった対象物を吸収するタイプではなく、直接ブラシを詰まりの原因である対象物にあてることで修理する道具になります。使用方法ですが、ブラシを先端にし長いワイヤーをトイレの排水口から挿入させて詰まり箇所まで到達させます。そしてワイヤーを細かく押したり引いたりを繰り返すことで、ブラシが詰まりの原因である対象物を崩すことができます。そのほかにも、手の伝わる感触を頼りに対象物を引っかけて引っ張りだすといった事もできますよ。

トイレ詰まりは素人が行うと力を入れ過ぎて配管を傷めてしまうことがあります。また、異物の除去を正確に確認できないこともあるので、専門業者に作業を依頼するのが賢明です。