地域による発電効率の違い!太陽光発電の地域差

地域による発電効率の違い!太陽光発電の地域差

日照時間の長い地域では

太陽光発電は、近年ますます注目が集まるクリーンエネルギーですよね。温室効果ガスによる地球温暖化の問題、原子力発電や火力発電などのエネルギーの問題など、どのように発電をするのかというのは国家にとっては、そして国民にとっても死活問題になっていますよね。太陽光発電は、温室効果ガスも出さず、また自給自足の発電方法であるため、エネルギー問題の解決にもつながる画期的なクリーンネルギーです。太陽光発電を導入する世帯もどんどんと増えている状況なのです。

発電効率の地域差について

太陽光発電に適している地域というものがあったりします。太陽光発電はいかに日照時間が長いか、太陽光を恵みを享受できるかどうかにかかっていますよね。なので、特に地域によって天候が大きく違ってくる日本においては、太陽光発電に適している地域とそうでない地域というものがあるのです。実際、太陽光発電の普及率が高い地域と低い地域とがあり、その普及率はけっこう差があったりするのです。こうした差は、やはり日照時間の違いが大きく影響しているのです。

太陽光発電が普及している地域とそうでない地域

太陽光発電が比較的普及しやすい地域というのは、たとえば九州地方です。九州地方は、夏場はもちろん十分な日光を確保することができますし、何より冬場であっても雪の心配をあまりする必要がないので、日照時間が長く、日光の恩恵を十分に受けることができるというわけです。いっぽう、東北地方や日本海側の地域というのは、特に冬場に雪が多く、なかなか晴れ間が訪れない期間がどうしても長くなってしまう地域であるために、太陽光発電の普及率も今一つであったりするわけです。

太陽光発電の価格はモジュールと周辺機器、設備費用などを合わせておよそ二百万円ほどです。しかし売電をすることにより、その分の費用を実質的になくすことができます。